埼玉県のバリアフリー住宅施工・リフォームなら|青木工務店

比企郡の工務店青木工務店ロゴ新築工事・リフォーム・木工事リフォーム|完全自由設計・狭小住宅・長期優良住宅|埼玉県比企郡|株式会社青木工務店

事業地域

■埼玉県全域

 

HOME»  安心安全のバリアフリー化を

安心安全のバリアフリー化を

高齢者と呼ばれる年齢になると、足腰が弱くなり日常生活が困難になります。例えば、自宅のちょっとした段差や階段一つでも、若い頃は軽々と移動出来ていた事が出来なくなるのです。新規で住宅を建てる予定の方は自宅のバリアフリー化を検討しませんか。

介護保険制度を上手に活用する

介護が必要な方を要介護者といいます。要介護者は身体上か精神上の障がいを持つ人の事で、介護認定審査会によって、介護給付が受けられるかが決まります。介護給付が受けられた場合は、そのお金を使って自宅をバリアフリー化する事ができます。介護保険によって20万円を上限とした費用の9割が支給される事になります。バリアフリー化する為の住宅改修は1度しか給付が受けられません。生活のどこに不便さを感じているのかを明確にし、上手に活用しましょう。

介護が必要な方の視点で住宅改修を

五体満足の方なら今の生活にほとんど不便さを感じていないでしょう。しかし、歩行が困難、起きるのが困難という何らかの障がいを持っている方にとって、階段や高いイス、少しの段差などが体に負担のかかる造りとなっています。要介護の方が快適な生活を送る為にも、段差のないバリアフリーの住まいにしていく必要があります。足がスムーズに動かせない、腕の力が弱って扉が開けられないなどのシーンを想定し、介護が必要な方の視点に合わせて住宅改修をしましょう。

色彩に注目したバリアフリー化

自宅のバリアフリー化を考える際、階段や段差をなくしたり、手すりスロープをつけたりして快適な生活ができるように工夫していると思いますが、それだけではバリアフリー化とはいえません。バリアフリー化する際は、色彩にも注目してみましょう。目の衰えによる家庭内事故も増えていますので、床と壁にコントラストを持たせる必要があります。置き家具と床の色に違いをくっきり出したり、脱衣所と洗い場に色の差を出したりする事でより、快適な生活が送れます。

埼玉でバリアフリー化を行っている当社では、お客様のご要望に合わせたリフォームを行います。トイレや玄関、寝室、バスルーム、引き戸など、自宅のバリアフリー化を検討している方は当社までご相談ください。