埼玉県のバリアフリー住宅施工・リフォームなら|青木工務店

比企郡の工務店青木工務店ロゴ新築工事・リフォーム・木工事リフォーム|完全自由設計・狭小住宅・長期優良住宅|埼玉県比企郡|株式会社青木工務店

事業地域

■埼玉県全域

 

HOME»  バリアフリーで手すりを取り付ける

バリアフリーで手すりを取り付ける

近年、高齢者の家庭内での転倒事故が増加傾向にあります。事故の起きやすい場所として廊下や玄関・階段などが挙げられます。階段に手すりを取り付ける事は法律で決められていますが、安全性を高めるために手すりを増やす家庭も少なくありません。こちらでは手すりがもたらす安全性と取り付け場所についてご紹介しています。

転倒防止の役割

手すりには転倒を防止し歩行や動作を円滑にする役割があります。手すりは高齢者や体の不自由な方だけではなく、小さなお子さん・妊婦の方などあらゆる人々の転倒を防いでいます。他にも手すりには介助を必要とされる方の自立の援助をする役割もあります。安心・安全な暮らしのためにバリアフリーで手すりを取り付けましょう。

立ち座りを円滑に

手すりを取り付けることで立ち座りを円滑に行う事ができます。高齢者や体が不自由な方にとって立ち座りをする事はとても大変な事です。トイレやお風呂場の浴槽に手すりを設置すると、安全でスムーズな動作を行なう事ができます。手すりがあるかないかでは日常生活に大きな違いが出てくるのです。

手すりを取り付ける場所

法律により階段に手すりを付ける事が義務付けられていますが、それ以外の場所には特に義務付けられていません。こちらでは手すりを取り付ける場所を紹介いたします。

■ お風呂場

お風呂場は濡れたタイルなどで滑りやすくなっているので、事故が起きやすい場所と言えます。他にも浴槽から立ち座りを円滑にするためにも手すりを取り付けましょう。

■ 玄関

玄関の段差により転倒する高齢者の方も多くいらっしゃいます。玄関に手すりを取り付ける事は転倒防止の他にも立ち座りに配慮することができます。

■ 廊下

廊下も転倒が起きやすい場所の一つです。廊下に手すりを取り付ける際にはどの利き手にも対応できるように両側に取り付ける事をおすすめします。

■ トイレ

車椅子から便器に移乗したり慎重に立ち座りするためには手すりは欠かせません。円滑な動作ができるようにトイレにも手すりを取り付けるようにしましょう。

埼玉県にあります当社ではバリアフリーリフォームの施工も行っています。転倒防止の為に手すりやスロープを増やしたり、開き戸を引き戸に替えたりなどお客様のニーズに合わせて対応致します。埼玉県でバリアフリーをお考えの方はぜひ当社にお任せください。