埼玉県のバリアフリー住宅施工・リフォームなら|青木工務店

比企郡の工務店青木工務店ロゴ新築工事・リフォーム・木工事リフォーム|完全自由設計・狭小住宅・長期優良住宅|埼玉県比企郡|株式会社青木工務店

事業地域

■埼玉県全域

 

HOME»  住宅構造の違いと特徴

住宅構造の違いと特徴

日本にある住宅構造は木造鉄骨RC(鉄筋コンクリート)の三つに大きく分けられます。新築住宅施工を行なう際に、木造・鉄骨・RC(鉄筋コンクリート)の中のどの構造で住宅を建てるのかお悩みの方も多くいるかと思います。こちらでは木造・鉄骨・RC(鉄筋コンクリート)構造の違いと特徴をご説明していますのでぜひご参考ください。

バランスのとれた木造住宅

木造住宅は日本の風土や気候に適しており、多くの住宅がこの木造住宅となります。木造住宅の大きな特徴として間取りが自由にとれる事が挙げられます。他にも木材の性質として表面が炭化すると内部までは燃えにくくなるという特徴があり、意外にも木造住宅は強度な耐火性を持っていると言えるのです。また、リフォームや増築がしやすいというメリットも持ち合わせています。

耐久性・安全性の高い鉄骨住宅

鉄骨住宅の特徴と言えば、優れた安全性です。鉄は圧縮力や引張力に強く変形しにくい性質を持っているので、地震の多い日本に適した住宅構造と言えます。また、耐久性にも優れておりサビの問題がなければ定期的なメンテナンスを行う事で100年近く持つ可能性もあります。今後リフォームを検討されている方は鉄骨で住宅施工を行なう事をおすすめします。

遮音性・耐火性に優れたRC住宅

コンクリートと断熱材が密着したRC住宅は遮音性と耐火性に優れた特徴を持っています。RC住宅は交通量の多い道路に面していても住宅街のような静けさを保つ事ができます。コンクリートの性質を活かしたRC住宅は無条件で耐火構造としての扱いを受ける事ができます。その他にも耐震性・断熱性・機密性にも優れているという特徴を持っています。

埼玉県にある当社では新築・リフォームなどの住宅施工を行っています。新築住宅を建てたい・リフォームでウッドデッキを取り付けたいなど、まずはお客様のご要望をお聞かせください。埼玉県で新築・リフォームなどの住宅施工をお考えの方はぜひ当社にご相談くださいませ。